仮想通貨入門

仮想通貨の取引所

更新日:

仮想通貨を購入するには、まず取引所で口座開設する必要がある。仮想通貨の取引所は、大きく分けると国内の取引所と海外の取引所の2種類がある。

国内の取引所で購入できるコインは限られるので、さまざまなコインを保有したい場合、結局は海外の取引所を使うことになる。

しかし、そのためにはまず、国内の取引所で日本円をビットコイン(BTC)に変える必要がある。ビットコインは仮想通貨における基軸通貨なので、ビットコインさえあれば世界各国の取引所で仮想通貨の売買ができる。

以下で、僕個人が使っている取引所を紹介する。他にもさまざまな取引所があるが、ひとまず参考にしてほしい。

国内の仮想通貨取引所

国内の取引所は結局のところ、どこを使ってもほとんど変わりがない。とにかく日本円をビットコインにしてしまえば、あとは海外の取引所を使えばいいと思う。

ビットコイン以外にも、イーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ネム(XEM)などの主要コインであれば、国内の取引所で直接、日本円から買える場合もある。

もし、目当てのコインがあるのであれば、それを直接購入できる取引所を選ぶといいだろう。

コインチェック(Coincheck)

コインチェックは、国内の取引所としては取り扱っているコインが多い。BTC、ETH、XRP、XEM、LTC、ETC、DASHなど、時価総額上位のコインであればほとんどが買える。

まずは1ヶ所の取引所で口座開設をしたいなら、コインチェックを選べば間違いない。

以前は一部のコインが出金できず、取引所にコインを置いておくしかなかったが、現在ではすべてのコインが出金に対応しているので、自分の環境のウォレットで安全にコインを保管できる。

公式サイト>> ビットコイン取引所 coincheck

ザイフ(Zaif Exchange)

口座開設はしたものの、実は使っていない。取り扱いコインは、BTC、XEM、MONA(モナコイン)など。

ビットコインとモナコインはクレジットカードでも購入できる。

公式サイト>> Zaif

海外の仮想通貨取引所

国内で購入できないコインは、海外の取引所で買うことになる。手数料などを考えても、海外の取引所のほうが有利だ。

ただし、トラブルなどが起きた場合、英語でやりとりする必要が出てくる。Google翻訳を使えばなんとかなると思うが、英語がまったくの苦手という人は避けたほうが良いだろう。

ポロニエックス(Poloniex)

米国にある取引量が世界最大の仮想通貨取引所。世界中の仮想通貨トレーダーに使われている。

ただし、ユーザー増加に伴い、問い合わせても返答がないなどのトラブルが頻発している。Twitterで「poloniex」で検索すれば、その実態が確認できるはずだ。

僕自身も実際にPoloniexでトラブルに遭遇し、信頼できないと感じて全コインを引き上げた。

そのため、あまりおすすめできないが、もっとも使われている取引所であるのは事実だ。

公式サイト>> Poloniex

ビットトレックス(Bittrex)

Bittrexは、Poloniexにも無い小規模なコインも多数取り扱っている。ただし、取引量が少ないので、思い通りの価格で売買するのが難しい場合もある。

個人的には、Poloniexから撤退したあとはBittrexをメインで使っている。トラブルに遭遇したことはまだないが、サポート対応も良いようだ。

しかし、チャートは使いづらい。テクニカル分析をするなら、Coinigyなどを使うのが良いかも。

公式サイト>> Bittrex

クラーケン(Kraken)

海外の取引所ながら日本語にも対応している。日本円の入金・出金も可能。

ただし、取引量はBittrexよりも少ないので、メインとしては使えないと思う。

公式サイト>> Kraken

コインエクスチェンジ(CoinExchange)

Bittrexでも扱われていない、さらに小規模なコインが買える。価格が1桁satoshi(0.00000010BTC未満)のものなど。

青田買いのチャンスがあるが、必ずしも値上がりするとは限らないので、自身でプロジェクトをよく見極める必要がある。

僕自身は、「1337」というコインを購入したくてCoinExchangeで口座開設した。

公式サイト>> CoinExchange

取引所で口座開設する際の注意点

ネット利用では当たり前のことではあるが、同じパスワードの使い回しは厳禁だ。不正ログインでコインが盗まれる被害はどこの取引所でも起きている。

パスワードは強固なものにして、取引所ごとに違うものを使うべきだ。

そして、スマホアプリを使った2段階認証も必ず行うべきだ。2段階認証を知らない場合は、今すぐ検索して調べてほしい。

まとめ

ともかく、日本円をビットコインに変えるのが仮想通貨売買のスタートだ。そのためにも、まずは国内の取引所で口座開設をしよう。

なお、本人確認書類の提出と確認、郵送による住所確認で、取引ができるようになるまでは1週間程度かかる。口座開設を申し込んで、すぐ仮想通貨を買えるわけではないことには注意したい。

仮想通貨売買をしたいなら、早めに行動にうつしたほうが良いだろう。



【これから仮想通貨を始める人におすすめの国内取引所】

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • ビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、イーサリアム・クラシック、モナーコインの6種類の仮想通貨が売買可能
  • みずほフィナンシャルグループなどが株主
  • 顧客資産を守るための2種類の損害保険に加入。安心して利用できる

※仮想通貨の取引にはリスクが伴います。取引は自己の判断にもとづいて行ってください。

-仮想通貨入門

Copyright© 仮想通貨と未来 , 2018 All Rights Reserved.