コラム

仮想通貨の儲けが半分以上、税金でとられるという誤解

投稿日:

仮想通貨は雑所得として課税される

税金というもののほとんどは利益に対して課税されるものです。

このため仮想通貨でも儲けることで納税の義務が発生し仮想通貨の課税としては雑所得として扱われます。

これは給与収入や投資による収入以外のあらゆる所得に対して換算されるものです。

雑所得には優遇されるものはなく申告した金額に従って税金を支払うことになりますが、雑所得の税率は金額によって変わってくる仕組みとなっています。

一方で申告しなければ未申告になりますし、金額を低く申告するなどすれば所得隠しというものになりペナルティを課せられ余計な税金を支払うことになります。

税に関しては逃れることができないものですから、少なくともルールに則って申告することが大切です。

このため仮想通貨での売買では帳簿を付けておくことが重要になってきます。

また利益は1月1日から12月31日までに発生したものが対象ですから、12月31日の売買で確定した利益に対して払うべき税金分は別に確保しておく必要があります。

税金分を確保せずに翌年に売買をして損失を出して、いざ税を払うさいに手元にお金がなくても確定した税金は払う義務があるためです。

またこの確定した税を棒引きにしてもらうということは日本国内にいる限りは不可能ですから、特に大きな利益を得たさいには税金分だけは使わないお金として別に確保しておくことが税で痛い目にあわないためにも必要になります。

税率50%以上になる条件とは?

仮想通貨は雑所得として扱われるわけですが、税率は金額によって変わってきます。

具体的には195万円以下が所得金額に対して5%の課税金額です。

また195万円以上は所得金額と税率に対して控除額が付け加えられます。段階的に10%から最大45%の税率となりますが、課税金額に対して控除が設けられており最大で約480万円が控除される仕組みです。

なお、これは雑所得に対する税金であり、これにプラスして住民税が一律10%かかります。

このため仮想通貨で利益を得た場合の最高税率は4,000万円超の場合で住民税を合わせて税率が55%になるというものです。

ただ、この場合も純粋に4,000万円を超えれば55%になるわけではなく、所得金額から約480万円が控除されるため正確にはトータルで仮想通貨で得た利益の50%以上の税率となるのは4,480万円を超えた場合に限ります。

いずれにしてもボーダーラインとしては4,500万円がポイントで、これを超えると税金は50%以上支払う義務がありますが、これもあくまでも利益を確定した場合であり含み益の状態で4,500万円以上であっても利益確定をしていなければ税金を支払う必要はありません。

数百万円の利益なら50%も税金でとられない

雑所得で50%以上の税金をとられるケースとしては約4500万円以上の利益を上げた場合です。

またこの利益は含み益や含み損は課税されませんから、売買をして利益が確定したタイミングが課税の対象金額、つまり雑所得として扱われます。

具体的には、もし仮想通貨で1000万円の利益を上げたとしても税率は所得金額の33%です。

さらに所得金額からは1,536,000円が控除されることになるので、1000万円-1,536,000円=税率33%となり、また住民税が10%プラスされるのでトータルでの課税率は43%となり雑所得による課税額は最大で約363万円になります。

これは12月31日に確定するものですから、翌年には税金の支払い分の金額を取り除いて取引をはじめることが大事です。

特に仮想通貨に限らずFXなど変動幅の大きいリスク商品でよく聞かれる失敗談として税金支払い分を確保せずに翌年にトレードをして大損をして税金の支払い分もなくなってしまったというものがあります。

この場合にはすでに確定しているので手元にお金がなくても税金を支払わなければなりません。

いずれにしても仮想通貨を売買するさいには税金にも気をつけてトレードすることが大事です。



【これから仮想通貨を始める人におすすめの国内取引所】

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • ビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、イーサリアム・クラシック、モナーコインの6種類の仮想通貨が売買可能
  • みずほフィナンシャルグループなどが株主
  • 顧客資産を守るための2種類の損害保険に加入。安心して利用できる

※仮想通貨の取引にはリスクが伴います。取引は自己の判断にもとづいて行ってください。

-コラム

Copyright© 仮想通貨と未来 , 2018 All Rights Reserved.