コラム

仮想通貨投資はまだ遅くない?これからの参入をおすすめする理由

投稿日:

投資で大きく稼ぐには、多くの人がまだ目をつけていない価値のあるものにお金を投資することが1つのコツです。この点で、仮想通貨はまだまだ価値が上昇する余地を残しているといえます。

仮想通貨はバブルなのか?

ビットコインを代表とする仮想通貨は、すでに価値が実際よりもかなり高くなっており、バブルであるという意見もあります。バブルであるとすれば、今後は暴落を待つのみでしょう。

しかし、過去のITバブルなどと比較をしても、仮想通貨がバブルである可能性は低いと考えられます。

ITバブルのピークであった2000年ごろにはパソコンや携帯電話が一般家庭にまで広く浸透し、ITという言葉を知らない日本人はほとんどいないというほどでした。

しかし、ビットコインや仮想通貨という言葉を知らない日本人はまだたくさんいます。

さらに、仮想通貨は世界レベルで普及していく可能性を秘めています。取引量が多い日本ですらそれほど知名度が高くはないので、成長する余地は残っているでしょう。

仮想通貨はまだ成長を続けている

仮想通貨のうち2018年1月時点で時価総額ランキングが1位のビットコインは最も開発が進んでいる仮想通貨といえます。

しかし、ビットコインはまだ開発途中であり、将来もっとすばらしい技術になる可能性を秘めているのです。

時価総額ランキング2位のイーサリアムは第2世代と呼ばれています。ビットコイン以上に複雑な技術が使用され、今後に期待されています。

世界にはアンダーバンクと呼ばれる銀行口座を持たない人たちもたくさんいるのです。そのような人でもスマートフォンならば持っているということがあるので、仮想通貨が銀行口座の代わりになるかもしれません。

仮想通貨の実験が成功すれば世界を変える可能性があります。

今からでも遅くない!リスクも十分に理解をしておこう

仮想通貨は世界を変える技術になる可能性もあれば、実験が失敗してしまったり、法律によって規制されてしまったりするリスクもあります。

リスクについても十分に理解をして、失ってもよいと思える程度のお金を投資することがおすすめです。

単に利益を出すためではなく、自分が「面白い」「将来に使いたい」と感じるような技術に投資をするのがよいでしょう。

少なくとも自分が投資をする仮想通貨の情報は丁寧に調べておくべきです。



【これから仮想通貨を始める人におすすめの国内取引所】

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • ビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、イーサリアム・クラシック、モナーコインの6種類の仮想通貨が売買可能
  • みずほフィナンシャルグループなどが株主
  • 顧客資産を守るための2種類の損害保険に加入。安心して利用できる

※仮想通貨の取引にはリスクが伴います。取引は自己の判断にもとづいて行ってください。

-コラム

Copyright© 仮想通貨と未来 , 2018 All Rights Reserved.