コラム

仮想通貨が普及すると銀行がなくなる!?その理由とは

投稿日:

2017年度はいくつかの仮想通貨が大幅に上昇したことによって、仮想通貨市場は一般消費者の注目を集めています。

しかし、仮想通貨と聞いてもいまひとつピンとこない人もいるでしょう。

ここでは、そのような人のために仮想通貨の基礎知識や銀行の存在意義について紹介します。

仮想通貨とは

仮想通貨とは電子上に存在する通貨のことで、硬貨や紙幣のようなものではありません。

仮想通貨を発行しているのは中央銀行などの国が関与する機関ではなく、一般の企業あるいはコミュニティです。

そのため、さまざまな企業が仮想通貨市場に参入してきており、すでに1,000を超える仮想通貨が発行されているといわれています。

さらに、仮想通貨は一般企業が発行するものですので、国による信用の担保となるものはありません。

つまり、仮想通貨が欲しいという人達の需要によってのみ値段が決まっていくのが特徴です。

仮想通貨最大の特徴はブロックチェーン

仮想通貨最大の特徴は、ブロックチェーンという技術を用いて開発されたということです。

ブロックチェーンとは、仮想通貨の取引を記録しておく仕組みのことで、ビットコインでは10分に1度、取引記録を塊(ブロック)にして保存します。

それは取引が行われる間、未来永劫に渡ってチェーンのようにつながっていくので、ブロックチェーンといわれます。

なぜこの技術が大切かというと、セキュリティ対策上必要だからです。

例えば、Aという人からBという人へ仮想通貨が渡ったという記録が残れば、仮に不正アクセスによって違法な手段で盗まれたとしても、追跡できます。

基本的にはブロックチェーンによって監視することによって、不正な手段で盗まれた場合でも犯人をすぐに特定できるのです。

仮想通貨が普及すると、銀行は必要ない!?

ブロックチェーン技術を用いることで、銀行を介さなくても安心して送金することができるようになりました。

また、これまでは自宅に大量の現金を持っておくと目立つので、泥棒などに盗まれる心配がありましたが、仮想通貨は電子上の通貨なのでそのような心配もいりません。

これらの理由によって仮想通貨が普及すると銀行の存在価値がなくなるのではないかといわれています。

仮想通貨自体の将来性も不透明な部分はありますが、もしかすると、そう遠くない未来に銀行は必要なくなるかもしれません。



【これから仮想通貨を始める人におすすめの国内取引所】

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • ビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、イーサリアム・クラシック、モナーコインの6種類の仮想通貨が売買可能
  • みずほフィナンシャルグループなどが株主
  • 顧客資産を守るための2種類の損害保険に加入。安心して利用できる

※仮想通貨の取引にはリスクが伴います。取引は自己の判断にもとづいて行ってください。

-コラム

Copyright© 仮想通貨と未来 , 2018 All Rights Reserved.