コラム

仮想通貨で儲かる理由とは?価格決定の仕組みを知ろう!

投稿日:

仮想通貨の売買が日本でも急速に盛り上がっています。

1億円以上を稼ぐ「億り人」といわれる人が続々と誕生し、ますます関心が高まっているのです。

そもそも仮想通貨で儲けが出る仕組みとはどのようなものでしょうか。

市場が価格を決定する!

仮想通貨には中央銀行のような機関が存在せず、価格は売買取引つまり市場で決まっていきます。

仮想通貨の代表といえるビットコインについて見てみると、2009年に誕生した当初は1BTCあたり1円にも満たない価値しかありませんでした。

しかし、ビットコインを欲しがる人が増えてくると、より高い値段がついていても売れるようになっていきます。

ある値段で売買が成立すると、それがビットコインの価格になるのです。ビットコインの価格はこのように市場の動きによってリアルタイムに変動します。

どんな人が取引に参加しているの?

仮想通貨のメリットの1つに、国をまたいだ取引であっても高い手数料が発生しないことがあります。

世界共通で使うことができ、為替レートの影響を受けません。仮想通貨は決済システムとして大きな魅力を持っているのです。

しかし、仮想通貨を決済目的ではなく投資目的で保有する人が爆発的に増えています。

仮想通貨の種類はたいへん多く、まだ値が上がっていないコインを購入して値上がりを待つという人も珍しくありません。

一方で、多くの仮想通貨が淘汰されていくという現実もあり、どれがもうかるのかを見極める力が求められるといえるでしょう。

日本の仮想通貨にかかわる法規制を知ろう

日本では仮想通貨に関する法整備が遅れていましたが、2017年に資金決済法が改正されて仮想通貨が法的に定義づけられるとともに、仮想通貨の交換に携わる業者は内閣総理大臣の登録を受ける必要が出てきました。

また、仮想通貨で得た利益についても所得税の対象となることが明示されています。

しかし、日本の法整備はまだまだ現実に追い付いているとはいえません。

仮想通貨取引で受けた損失は基本的に自己責任となりますが、取引所によっては補償制度を利用できるケースもあるためしっかりチェックしておきましょう。



【これから仮想通貨を始める人におすすめの国内取引所】

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • ビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、イーサリアム・クラシック、モナーコインの6種類の仮想通貨が売買可能
  • みずほフィナンシャルグループなどが株主
  • 顧客資産を守るための2種類の損害保険に加入。安心して利用できる

※仮想通貨の取引にはリスクが伴います。取引は自己の判断にもとづいて行ってください。

-コラム

Copyright© 仮想通貨と未来 , 2018 All Rights Reserved.