コラム

紙幣も仮想通貨も、その価値は人々の「共同幻想」で決まる

投稿日:

なぜ仮想通貨の価値は上がったり下がったりするのでしょうか?

それは、仮想通貨の価値が人々の共同幻想で成り立っているからです。

ここでは、共同幻想とは「一体どういうことなのか?」について解説いたします。

仮想通貨の価値はどうやって決まる?

仮想通貨は「暗号通貨」や「デジタル通貨」とも呼ばれ、本物のお金とは違い、物質として目に見えるものではありません。

しかし、そこに価値が生まれるのは「欲しい!買いたい!」と思う人が現れるからです。

そして、欲しがる人が増えれば増えるほど、仮想通貨の価値は上昇していきます。

複数の人々が同じものに対して「価値がある」という意識を持つ「共同幻想」が仮想通貨の価値を作っているのです。

本物のお金も「共同幻想」ってどういうこと?

例えば、なぜ紙幣の1万円札は「1万円」なのでしょうか?

それは、日本で通貨の「円」を使っている私たちが、1万円札という1枚の紙の上に「1万円分の価値」をのせて使っているからです。

紙幣そのものの素材は、ただの紙ですが、皆が「1万円札には1万円分の物が買える価値がある」という同じ意識を共有しているからこそ、紙幣には価値が生まれます。

昭和初期のころの100円と現代の100円では大きく価値が違いますが、これは時代と共に「円の価値」というものに対する人々の意識が変化していったからです。

円だけでなくドルもユーロも、通貨の価値を決めているのは、それを使っている人々なのです。

仮想通貨と本物のお金の違いは?

こうして比べてみると、仮想通貨も本物のお金も人々の「共同幻想」で成り立っているという面では同じです。

違いといえば、物質として目に見えるかどうかですが、この違いはそれほど重要ではありません。

近年では多くのものがデジタル化しています。例えば、「手紙はメールに」「カセットテープやCDはデータ配信に」といったように手で触れることができる「物」から変化しています。

しかし、デジタルになったからといって偽物でも存在しないわけでもなく、ただ「形態」が違うだけなのです。

つまり、「仮想通貨」は「本物のお金」とはまったくの別物と考えるよりも、現在使っている通貨の「進化した形」と考えたほうが自然でしょう。



【これから仮想通貨を始める人におすすめの国内取引所】

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • ビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、イーサリアム・クラシック、モナーコインの6種類の仮想通貨が売買可能
  • みずほフィナンシャルグループなどが株主
  • 顧客資産を守るための2種類の損害保険に加入。安心して利用できる

※仮想通貨の取引にはリスクが伴います。取引は自己の判断にもとづいて行ってください。

-コラム

Copyright© 仮想通貨と未来 , 2018 All Rights Reserved.