仮想通貨のステーキング

PotCoinのステーキングは毎日が小遣いチャンス。ただし報酬は少なめ

投稿日:

この記事では、PotCoin(ポットコイン)のステーキングのポイントと成果について紹介していく。

はじめに結論を言えば、PotCoinのステーキングは、かなりの頻度で報酬を期待できる。毎日報酬をもらうのも難しくない。ただし、1回あたりの報酬はかなり少ない。

とはいえ、高頻度で報酬をもらえるので、PotCoinを購入した人は、ステーキングに挑戦してみたほうが良いだろう。

PotCoinとは?

PotCoinは、大麻取引のためにつくられた仮想通貨だ。

仮想通貨の需要がどこにあるのかといえば、とにかくアングラだと思う。だからPotCoinのようなコンセプトは匿名系の仮想通貨と並んで激アツである。

ちなみに、大麻取引をコンセプトにした仮想通貨は、ほかにもHempCoin、DopeCoin、CannabisCoinなどがある。この中でも、プロジェクトが一番活動してるように見えて、Poloniexにも上場しているのが、PotCoinを選んだ理由。

最近では、元NBA選手のデニス・ロッドマンを北朝鮮に派遣したことでも、PotCoinは話題になった。

PotCoinステーキングのポイント

PotCoinのステーキングは、仮想通貨の基本的なステーキング方法でできる。QTウォレットを暗号化して、ロックを解除すればいいだけだ。

ただし、PotCoinのQTウォレットはブロックチェーンの同期にかなりの時間がかかった。他のコインでは長くても1週間程度だが、PotCoinの場合は4週間近くもかかってしまった。

もしかすると、同期をショートカットする方法もあるかもしれないが、詳しくは調べていない。

同期に時間がかかることが原因がどうかは知らないが、PotCoinのネットワーク・ウェイトは比較的に軽い気がする。

ステーキング報酬をもらえる確率は、ネットワークのウェイトに対して、自分のウェイトがどのくらいあるのかに比例するので、これは非常に有利だ。

PotCoinステーキングの成果

PotCoinはQTウォレットの同期にこそ時間がかかったが、ステーキング報酬はかなり頻繁にもらえる。

同期後、ウォレットにコインを送金したが、その日のうちに報酬が発生した。その後も、1日1〜2回のペースで毎日継続的に報酬がもらえている。

しかし、1回あたりの報酬額はかなり少なく、保有量の平均0,0023%。ざっと計算したところ、年利で1.68%程度になるようだ。

銀行の金利と比べればはるかにマシだが、やはりステーキング報酬よりも、コイン自体の値上がりに期待したほうが良い。

まとめ

PotCoinのステーキングはほぼ毎日報酬がもらえるが、報酬額はかなり少ない。とはいえ、これほど頻繁にステーキング報酬をもらえるコインはないので、短期保有でも長期保有でもウォレット保管がおすすめである。

なお、PotCoinは海外の仮想通貨取引所のPoloniexやBittrexなどで購入できる。



【これから仮想通貨を始める人におすすめの国内取引所】

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • ビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、イーサリアム・クラシック、モナーコインの6種類の仮想通貨が売買可能
  • みずほフィナンシャルグループなどが株主
  • 顧客資産を守るための2種類の損害保険に加入。安心して利用できる

※仮想通貨の取引にはリスクが伴います。取引は自己の判断にもとづいて行ってください。

-仮想通貨のステーキング

Copyright© 仮想通貨と未来 , 2018 All Rights Reserved.