仮想通貨のステーキング

1337のステーキングのやり方と成果。年利は40%超?

投稿日:

仮想通貨投資で目指すものといえば「億り人」。つまり総資産額が1億円を超えることだ。

しかし、たとえば投資できる資金が10万円程度と少ない場合、ビットコインやイーサリアムを10万円分購入して、それが1億円(1,000倍)になるかというと難しい。少なくとも数年以内には到達できないだろう。

少額投資で億り人を目指すのであれば、とにかくマイナーな仮想通貨、ほとんどの人が注目していない通貨に投資すべきだ。

その候補になるかもしれないのが、今回取り上げる「1337」だ。この記事では、1337について、ステーキングの方法と成果を中心に紹介する。

仮想通貨「1337」とは?

1337は、ゲーム内通貨として使われることを想定した仮想通貨だ。

当初はPoWによるマイニングもPOSと並行して行われていたが、現在は完全なPoS(Pure POS)に移行している。

1337という名称は、ステーキングの報酬率に由来する。報酬率は最初、年利1337%から始まって徐々に減少していき、最終的には13.73%になるらしい。

将来的には、ゲームをプレイすることでステーキングができる「Stake2Play」というのを導入するようだ。

1337を買うべき理由

1337が有望だと思う理由は以下の3点。

・名前にインパクトがある
・中国に上場している
・安いので大量保有が可能

まず、1337という名前にインパクトがある。さまざまな仮想通貨があるが、数字だけの名称というのはあまり無い。1337を目にした人は、どんな仮想通貨なのか興味を持つはずだ。

また、1337は中国の仮想通貨取引所のYoBitに上場している。ビットコインをはじめとする仮想通貨は、国家の通貨を信用していない人々からの需要がある。具体的には、中国、韓国、ロシア、ギリシャなど。将来的には、日本もここに加わるだろう。

すでに中国では仮想通貨市場が加熱しているが、それでも情報感度の高い人しかまだ参入していない。今後、中国の人口14億人の一般層にも広がることを考えると、その影響は絶大である。中国でも購入できる1337もいくらかの恩恵を受けるはずだ。

1337の価格は、執筆時現在で0.00000002〜0.00000004 BTC(2〜4 satoshi)を推移していて、とにかく安い。0.04 BTC(12,000円程度)あれば、100万通貨を保有できる。

仮に将来、1337の価格が100円になれば、100万通貨で1億円になる計算だ。もちろん、将来の価格が100円になる保証はない。以下の記事なども参考にしながら、1337が有望かどうかを判断するといいだろう。

View story at Medium.com

1337の懸念

1337で懸念すべきは、発行数量の上限がないことである。ステーキング報酬が最終的に13.37%に落ち着いたとしても、それでも毎年13.37%ずつコインの数量が増え、インフレになる。そのため、価格がそれほど上がらない可能性がある。

また、1337はとにかくマイナーである。ゲーム内で使われる仮想通貨としては、他にもGameCredits、MobileGoなどがあり、知名度の差は歴然。今後、1337が伸びるためには、ゲーム内通貨というコンセプトだけでなく、キラーコンテンツとなるゲームの登場が欠かせないだろう。

1337ステーキングのポイント

1337のステーキングにはQTウォレットを使う。ただし、confファイルにノードを上書きする必要がある。以下の動画を参考にするといいだろう。

動画では、同期をすばやく完了させる方法も紹介されているので、参照することをおすすめする。

同期の完了後、ウォレットの暗号化とアンロックをすれば、コインの成熟後にステーキングを開始できる。

1337ステーキングの成果

1337を購入した動機は、100万通貨を保有している場合にステーキング報酬をどのくらいもらえるのか興味があったからだ。PoSは大量にコインを保有しているほうが有利だ。

0.04 BTC弱の予算を用意し、CoinExchangeで購入したが、購入時点の価格は4satoshiだったので、100万通貨には届かず、99万程度になった。こうなったら、ステーキング報酬で100万通貨超えを目指すのみである。

その結果、2週間程度で100万通貨を突破することができた。あとは1337の価格が100円になるのを待つばかりだ。

ちなみに、現時点では5日に1回のペースで保有量の0.5%の報酬を得られている。年利にすると42.93%になる計算。これは公式サイトに掲載されている現在の報酬率41.78%にほぼ等しく、整合性がある。

なお、報酬率は3ヶ月ごとに半減し、9月以降は20.89%、来年1月以降は13.37%になるとのことなので、実際の年利は上記よりも低くなると思われる。

まとめ

1337は少額投資で大量保有が可能であり、それが1番の魅力だ。ステーキング報酬や頻度もまずまずだが、報酬率が高すぎるためインフレの懸念もある。

とはいえ、値上がりに期待して1337を購入したなら、とにかくステーキングをしたほうが良いだろう。

1337はCoinExchangeなどの仮想通貨取引所で購入できる。



【これから仮想通貨を始める人におすすめの国内取引所】

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • ビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、イーサリアム・クラシック、モナーコインの6種類の仮想通貨が売買可能
  • みずほフィナンシャルグループなどが株主
  • 顧客資産を守るための2種類の損害保険に加入。安心して利用できる

※仮想通貨の取引にはリスクが伴います。取引は自己の判断にもとづいて行ってください。

-仮想通貨のステーキング

Copyright© 仮想通貨と未来 , 2018 All Rights Reserved.