仮想通貨入門

仮想通貨を始める前に

投稿日:

ビットコインやアルトコインといった仮想通貨への投資を始める前に、まずはリスクについて把握しておきたい。

リスクを知っていないと、お金と時間を無駄にする。最悪、投資したお金をすべて失いかねない。

仮想通貨には、次のようなリスクが存在する。

・取引所破綻のリスク
・資産管理のリスク
・情報に踊らされるリスク
・詐欺のリスク
・時間浪費のリスク

以下でざっと解説していこう。

取引所破綻のリスク

ビットコインやアルトコイン(イーサリアム、リップルなどビットコイン以外の仮想通貨)は、仮想通貨の取引所で購入する。

しかし、購入したコインを取引所に置いたままにしておくのは危険だ。なぜなら、取引所は破綻する可能性があるから。

マウント・ゴックス事件をはじめとして、仮想通貨の取引所の破綻は何度も起きている。

銀行が破綻しても預金は一定額まで保護されるが、仮想通貨の取引所では、そうした保護はない。

いつ取引所が破綻しても大丈夫なように、購入したコインは手元で管理しておくのが賢明だ。

資産管理のリスク

購入した仮想通貨(コイン)を管理する方法はいくつかあるが、一般的なのがパソコンにインストールしたウォレットというソフトを使う方法だ(一番安全というわけではない)。

しかし、パソコンでコインを管理する場合、パソコンの故障がリスクになる。そのため、バックアップは必須だ。

また、パソコンが盗まれたり、ウイルスに感染したり、ハッキングされてコインを失う可能性も考えられる。

銀行や証券会社に預けているお金・株式であれば、無くなったり盗まれることを心配する必要はないが、自分で管理する仮想通貨は盗難などにも自分で備えなければいけない。

なお、ネット上にコインを預けられるオンラインウォレットといったものもあるが、こちらも不正ログインやハッキングでコインを盗まれる危険があるので、必ずしも安全とは言えない。

情報に踊らされるリスク

仮想通貨を始める人が一番知りたいのは、どのコインを買えば儲かるのかということだろう。しかし、ネット上の情報を鵜呑みにしてはいけない。

Twitterや取引所のチャットをはじめとして、ネット上には仮想通貨に関する情報が溢れているが、ほとんどが根拠のない憶測だ。チャートにもとづくテクニカル分析なども公開されているが、テクニカル分析も100%ではない。

「このコインが高騰している」という情報を読んで慌てて買ったら、直後に暴落するというのは初心者にはよくあることだ。そして、損切りした途端に、再び高騰し始めることも…

各コインの公式サイトを自分で調べて、有望だと思うものを購入するというのが基本だ。そして、短期的な値上がり・値下がりに一喜一憂せず、長期ホールドするというのが仮想通貨のトレード戦略になる。

情報を精査して、最終的な売買の判断は自分自身で行うべきだ。もちろん、このブログの情報も鵜呑みにしないほうが良い。

詐欺のリスク

仮想通貨界隈では詐欺話も多い。まだ取引所に上場していない未公開のコインなどというのは、ほぼ詐欺だと思っていい。

また、高額配当をうたうHYIP(ハイプ)、クラウドマイニングなどにも詐欺が多い。「リスクなく、確実に儲かる」という上手い話はない。

現状、仮想通貨市場は急拡大しているが、いつかバブルがはじけて暴落する可能性もある。仮想通貨には確実にリスクがある。

「リスクがない」とうたうものは、99.9%詐欺だ。

時間浪費のリスク

時間を浪費しがちなのも仮想通貨のリスクである。仮想通貨は値上がり・値下がりの変動が激しいので、スマホで頻繁に価格をチェックしたり、ずっとチャートを眺めていたりと、無駄に時間を費やしてしまう。

しかも、仮想通貨の取引は365日、24時間行われているので、自分で区切りをつけない限り、永遠に終わりがない。

とくに自分をコントロールするのが不得意な人は注意が必要だ(つまり僕自身のことである)。

短期の値動きにとらわれ、時間をかけて売買を繰り返しても、実は利益を減らしている場合も多い。仮想通貨の初心者の陥りがちな罠で、誰もが通る道かもしれないが、最終的には長期ホールドが一番利益を増やせると気づくはずだ。

取引所にコインを置いておくのは破綻のリスクもあるが、同時に値下がりしたときに売りたい誘惑にかられるので、それを防ぐためにもウォレットに送ってしまったほうが良い。

短期的な利益や損失にとらわれて、仮想通貨で消耗しないように気を付けたい。

その他のリスク

その他のリスクとしては税金がある。仮想通貨の利益への課税は現時点で不明確な部分が多い。

自身で調べつつ、場合によっては専門家に相談し、最新の動向を追っておくのがよいだろう。

個人的な見解としては、仮想通貨への課税が明確になるまで、現金化による利益確定は避けるべきだ。

仮想通貨はすべてが自己責任

まとめると、仮想通貨はすべてが自己責任ということだ。資産管理から情報収集、時間管理、税金対策まで、何もかも自身の責任と判断で行う必要がある。

他人に手取り足取り教えてもらいたい人、他人に頼りたい人は仮想通貨をやってはいけない。

以上を踏まえて、このブログでは「不親切」を徹底していく。ウォレットの使い方やバックアップの方法などを懇切丁寧に解説したりはしない。

それらを知りたい場合は、丁寧に書いてあるサイトが他にあるだろうから、Googleで検索して参考にしてほしい。自分で調べない人には仮想通貨は難しいだろう。

リスクを把握して、それでも仮想通貨を始めたい場合は、今すぐ行動を起すことをおすすめする。まずは、仮想通貨の取引所で口座開設するのがファーストステップだ。



【これから仮想通貨を始める人におすすめの国内取引所】

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • ビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、イーサリアム・クラシック、モナーコインの6種類の仮想通貨が売買可能
  • みずほフィナンシャルグループなどが株主
  • 顧客資産を守るための2種類の損害保険に加入。安心して利用できる

※仮想通貨の取引にはリスクが伴います。取引は自己の判断にもとづいて行ってください。

-仮想通貨入門

Copyright© 仮想通貨と未来 , 2018 All Rights Reserved.